喫茶店

今年最後の「喫茶店ものがたり」はマルオー

本日の「喫茶店ものがたり」は(筆者も)神戸懐かしの純喫茶で紹介したことがある元町のマルオーです 。 あの世界一クリスマスツリー関連でも精力的に取材を続けている気鋭の上杉順子記者が年末に最もふさわしい喫茶店としてチョイスした記事です。 新聞記事…

COFFEE SHOP LEEK(コーヒーショップリーキのこと)

偶然、ある一軒の喫茶店のことだけを書いた冊子に遭遇した。 と言ってもネット上のことではある。 それも出版元の古書店が店じまいをする数日前のことだった。 さっそくホームページに行くと閉店後も通販で注文は受けつけるとのことだったが、すぐに申し込ん…

願いは叶う 喫茶ムーラン@神戸市長田区

このブログで何度かお伝えしていますように長田区の東尻池、苅藻地区にはメディアで取り上げられることもない、昭和の大衆喫茶が点在しています。 以前の記事は→こちら このまま人知れず消えていくにはもったいないと思い、お知り合いの記者さんにお願いをし…

悲報相次ぐ・・・トレインがニューセブンが

三ノ宮には用事も魅力もなく、ほとんど出かけなくなっていたのですが、数日前に「TEA ROOMトレイン」が閉店していたことを知る。 そして大安亭近くの喫茶ニューセブンも閉店。 行けるときには行っとかなあかんと言うことは頭では理解しているがそうもいかん…

神戸ぶらり 中央区から兵庫区西出町 「喫茶思いつき」

中央区から西へ、兵庫区に向かって歩きます。 二国を超えて川崎本通の少し西あたり。 稲荷市場が消えて工事中です。 筆者が勤めていたライバルの化粧品会社の看板が見えます(笑) さらに西に歩き「菜の花ロード」を超え竹尾稲荷神社の前に出ました。 豪商・…

ふたたびメディアに登場しない西神戸の喫茶店をゆく

今年の二月にぶらぶらした長田区東尻池を再び歩きます。 そう、あのフォトジェニックな喫茶店をもう一度見たかったのです。 二月に来たときにはマスターに名前も何も伝えなかったのに 「新聞に出ていましたね」って覚えてくれていたことに驚くとともに 「ヒ…

珈琲・サンドイッチ サンシャイン

セミナー開始まで時間がありましたので喫茶店で時間を潰します。 湊川神社の西にあたる橘通は古い町並みがまだ残っていてスナップ写真を撮るのにいい場所です。 お気に入りの喫茶サンシャインに入ります。 お気に入りと言っても、以前に一度寄っただけですが…

喫茶&軽食 「リバティルーム カーナ」@神戸市須磨区を探して

一枚の写真があります。 ↑1995年2月6日(月)付の地元新聞記事阪神淡路大震災時に、がれきの中で営業を再開した喫茶店のことを報じる地元新聞の記事の写真が頭から離れませんでした。 5,6年前、いや7,8年前かも知れませんが板宿から新長田に行く途中で、須磨…

阪神御影界隈ぶらぶら コーヒーハウス井戸

喫茶いづみを後にして御影市場から弓場線に沿って南下します。 クリームソーダを求めてコーヒーハウス井戸へと言うわけです。 山小屋風の建物が見えてきました。 創業は1976(昭和51)年、今年で41年になる老舗です。 「神戸懐かしの純喫茶」の取材で訪問し…

阪神御影界隈ぶらぶら 喫茶いづみ

新開地から阪神電車に乗って御影へ。 御影市場にある喫茶いづみが健在か気になっていました。 あ、売りに出てしまったかと一瞬思いました。 この写真は通路側ですが、でも、そうではないようです。 照明も点いているようですし、健在です。 ジャングル喫茶と…

湊川新開地ぶらぶら 丸一食堂から喫茶大力へ

地下鉄湊川公園駅を下車して新開地本通へ。 腹が減っては戦ができぬと、まずは大衆食堂でお昼ご飯。 そして喫茶店でクリームソーダを楽しみます。 内田食堂は定休日のようで、いつもの丸一食堂へ。 「ごはん小、味噌汁」と伝えてケースの中から煮魚を取る。 …

元喫茶ハトヤでソーダ水

6月末で閉店してしまった喫茶ハトヤ。 所用でマダムが居るというので寄せてもらいました。 何もないけどと言ってソーダ水を出してくれました。 ごちそうさま。

街をゆけば 垂水2

街をゆけば 新しい店ができたり、消えたり 少しづつ変化をしております。 垂水小学校の東のプチグルメ通を歩いてみました。 ↑ご存知の食事処わたつみです。 ↑新たに喫茶店が開店したようです。 ↑居酒屋海祭は夕方からの営業です。 ↑食事処てぃーだはお昼だけ…

街をゆけば 垂水

街をゆけば 新しい店ができたり、消えたり 少しづつ変化をしております。廉売市場に店がオープンしております。 ↑魚屋の経営のようです。 ↑しらす丼680円から蒲焼3800円まで、まだ品数が少ないようです。 ご縁ができると良いのですが。。。 ↑食の殿堂となっ…

元町商店街から三宮「喫茶SUN」

宇治川商店街から元町商店街へ。 水曜日だったので定休日の店が多いですが喫茶店は結構営業しております。 6丁目の純喫茶アルファ、5丁目のチェリーは開いておりましたが「はた珈琲店」は定休日でした。 4丁目の純喫茶ベアは営業、同じ4丁目のセキ珈琲館…

大倉山から宇治川商店街散歩「喫茶フレンド」

訳があって喫茶店の美しくて旨いクリームソーダを探す旅を始めました。 喫茶フレンドの前で通り過ぎようかと思いましたが半年以上のご無沙汰に加えお腹が空いておりました。 というわけで寄りました。 喫茶フレンドは昨年、創業百年を迎えております。 日替…

大倉山から宇治川商店街散歩「喫茶OK」「喫茶芸夢」

神戸市営地下鉄大倉山駅を降りて東出口を出ると八宮神社があります。 ↑八宮神社の鳥居です。 境内を歩きます。 ↑石碑がありますが何と書いてあるのでしょうか。 ↑あらら、こちらが神社の正面のようです。 ご存知のように八宮神社は六宮神社を合祀しています…

ひさしぶりのCrucuma(クルクマ)

どのお店に伺ってもひさしぶりになっています。 Crucuma(クルクマ)に来たのは四月以来、いや二月かも知れません。 このブログは備忘録も兼ねていまして、新しく訪問する店は喫茶店以外はなさそうですから同じ店を掲載することの繰り返しになりますのでご承知…

Cafe & Gallery Sowa かふぇ そわ

湊川にありました「Cafe & Gallery Sowa」が5月中旬に兵庫区松原通に移転しました。 移転後、やっと訪問することができました。 まずは昔ながらの「だるま食堂」でお昼ごはんを食べてから寄りました。だるま食堂のことは後日掲載します。 この界隈には、かつ…

神戸市兵庫区西出・東出町を歩く「喫茶思いつき」

神戸市営地下鉄中央市場前駅で下車して、先月末に開業したイオンには目もくれず西出・東出町に向かって歩く。 鹿瀬造船やシンガーソングライターのAsking Lifeさんの車を見ながら喫茶思いつきへ。 4人姉妹のうち3人が迎えてくれました。 完成公開されたば…

神戸市兵庫区西出・東出町を歩く「喫茶ベニス」

川崎本通の喫茶ベニスにてレーコをいただきました。 この日寄ったのは訳がありまして、一部が欠けたカップを廃棄するのはもったいないので記念にもらいに来たのです。 ひとつだけのつもりが3つもいただきました。 VenisuではなくBenisuと表記していて時代を…

チュール@神戸市北区が神戸新聞「喫茶店ものがたり」で紹介されました

神戸市北区にある喫茶チュールが今朝の神戸新聞「喫茶店ものがたり」で紹介されました。 北区の喫茶店情報は少ないだけに、とてもうれしいです。 WEBは会員限定ですのでコンビニまで走って購入して、ぜひ読んでください。 筆者の紹介記事は→こちら 新聞の…

マダムに会いに行く「喫茶エイト」

神戸市中央区海岸通にある喫茶エイト、乙仲通と言った方が場所はわかりやすいかも知れない。 先日、元町まで出たついでに寄ってみた。 変わらずにそこに在って安心した。 波止場の写真学校に通っていたころ、この喫茶店にはよく寄った。 この店には開店以来…

喫茶ハトヤの6月30日

長田区にあります喫茶ハトヤが昨日(2017年6月30日)午後、72年の営業に終止符を打ちました。 終戦の年の昭和20年の創業、阪神淡路大震災にも耐えました。 地元の人びとに愛された街の喫茶店がまたひとつ消えました。 閉店を惜しむお客さまから感謝の言葉を…

47都道府県の純喫茶 愛すべき110軒の記録と記憶

山之内遼さんの「47都道府県の純喫茶」を図書館で借りて読み終えました。 著者は10代のころに純喫茶の世界に目覚め、4000軒以上の店を訪れたといいます。 その中から選んだ110軒が掲載されています。 丁寧な取材で店や店主の歴史にフォーカスし、コピーラ…

やなせななさんの素敵なCDブック「よるがあけるよ」の贈り物

神戸は六間道にありました日本堂が5月31日に60年の歴史の幕を下ろしました。 歌う尼さんとして知られる、やなせななさんの”タロー”のMVがありますが、この日本堂がロケ地となっています。 そんなこんなで日本堂を通じて、やなせななさんとご縁ができました…

相次ぐ老舗の閉店

たまたま重なっただけかも知れませんが川崎本通のヤスダヤ、長田の喫茶ハトヤ、板宿の立ち呑うさぎ、新長田の家料理の藍と閉店が続いております。 残念なことですがご縁のあった方は、ぜひ足を運んで最後の時間を共有していただきたいと思います。 ↑川崎本通…

東京高円寺「さわやこおふぃ」の珈琲豆

東京在住の友達から喫茶店好きの筆者のところに東京高円寺にある「さわやこおふぃ」の珈琲豆が届きました。 ありがたいですね。 送ってくれた豆は今はなき「アトム」という喫茶店の深煎りブレンドだそうです。 アトムは東京日本橋の路地裏の入りにくい佇まい…

喫茶「日本堂」60年の歴史に幕

古くは西の新開地と謳われた神戸長田の六間道商店街の日本堂が60年の歴史の幕を閉じました。 常連の方が次から次へと来られ最後を見届けておられました。 筆者も最後に同じ空間におられたことを嬉しく思います。 日本堂がロケ地になった、やなせななさんの”…

喫茶ベニスが神戸新聞の連載「喫茶店ものがたり」で紹介されました。

「懐かしのメニュー今も」という見出しで「喫茶店ものがたり」の記念すべき50回目に登場しました。 いい記事です。 やがてWEBでも見ることができるでしょう→こちら